Formation

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

陣形

プログラマー養成校であるアカベ高校では、チーム戦の競技プログラマーの役割を以下の3タイプに分けています。

C: コーダー 言語を熟知しており、コーディングを行う。
A: アルゴリズマー 論理的思考が得意であり、アルゴリズムを考える。
N: ナビゲーター 読解力に長けており、問題の分析・デバッグをする。

この高校では以下のいずれかの陣形で3人一組のチームを構成しています。

CCA: バランスがとれている安定型
CCC: スピードを見込めるがリスクの高い速攻型
CAN: 正確に問題を解く慎重型

競技プログラミング部のコーチであるあなたは、これらの部員をうまく組み合わせ、できるだけ多くのチームを結成できるよう、毎年気を配っています。そこで、コーダーの人数、アルゴリズマーの人数、ナビゲーターの人数が入力として与えられたとき、最大何チーム作れるかを出力するプログラムを作成してください。

入力

入力は1つのデータセットからなる。入力データは以下の形式で与えられる。

Q
c1 a1 n1
c2 a2 n2
:
cQ aQ nQ

1行目のQ(0 ≤ Q ≤ 100)はチーム数を求めたい年数である。続くQ行に各年の役割別の人数が与えられる。各行にはコーダーの人数ci(0 ≤ ci ≤ 1000)、アルゴリズマーの人数ai(0 ≤ ai ≤ 1000)、ナビゲーターの人数ni(0 ≤ ni ≤ 1000)が与えられる。

出力

年ごとに、作成できる最大のチーム数を1行に出力する。

入力例

4
3 0 0
1 1 1
9 4 1
0 1 2

出力例

1
1
4
0

Source: PC Koshien 2013, Preliminary Round , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2013-9-14
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/