Three Meals

Time Limit : 3 sec, Memory Limit : 262144 KB

朝昼晩ごはん

あなたは食堂を経営しており、1日3回だけ食事を提供します。食堂を訪れようとしている客は、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんを受け取ることができる時間帯が決まっています。あなたがこの時間帯に含まれるどこかの時刻で食事を提供すれば、客は食事を受け取れます。あなたは3つの食事を提供する時刻を工夫して、できるだけ多くの客が朝、昼、晩ごはんのすべての食事を受け取れるようにしたいと思っています。

それぞれの客が朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんを受け取ることができる時間帯が与えられる。あなたが、3つの食事を提供する時刻を決めることができるとき、朝、昼、晩ごはんをすべて受け取ることができる客の最大人数を出力するプログラムを作成せよ。ただし、食事を提供する時刻が、客が食事を受け取れる時間帯の開始時刻か終了時刻と同じ場合は、その客は食事を受け取れるものとする。

Input

入力は以下の形式で与えられる。

N
ast_1 aet_1 hst_1 het_1 bst_1 bet_1
ast_2 aet_2 hst_2 het_2 bst_2 bet_2
:
ast_N aet_N hst_N het_N bst_N bet_N

1行目に、客の人数N(1≤N≤50)が与えられる。続くN行にi番目の客の、朝ごはんを受け取ることができる時間帯の開始時刻ast_iと終了時刻aet_i、昼ごはんを受け取ることができる時間帯の開始時刻hst_iと終了時刻het_i、晩ごはんを受け取ることができる時間帯の開始時刻bst_iと終了時刻bet_iが与えられる。ただし、各時間帯について、開始時刻よりも終了時刻が後となるように与えられる。また、hst_iaet_iより後の時刻で、bst_ihet_iより後の時刻である。各時間帯は午前0時をまたがない。各時刻は以下の形式で与えられる。

h m

各時刻はh (0≤h≤23)時 m(0≤m≤59)分を示す。

Output

朝、昼、晩ごはんをすべて受け取ることができる客の最大人数を、1 行に出力する。

Sample Input 1

5
1 0 2 0 3 30 4 30 6 0 7 0
2 30 3 0 4 0 5 0 5 30 6 30
1 30 2 30 4 30 5 0 6 30 7 0
2 30 3 0 5 0 6 0 6 30 7 0
1 0 2 0 3 0 3 30 4 0 5 0

Sample Output 1

3

Source: PC Koshien 2017 , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2017-11-3
http://web-ext.u-aizu.ac.jp/pc-concours/