jfen

Time Limit : 8 sec, Memory Limit : 524288 KB

jfen

H × W の盤面で遊ぶ一人用ゲームがある.このゲームはそれぞれのセルに 0 か 1 個のボールがあるのでそれを移動させるゲームである.あなたはこのゲームで遊んでいたが,ボールは非常に丸いため,セルからセルへ正確にボールを移動させるのが難しいことに気づいた.そこであなたは,命令通りにボールを動かしてくれるロボットを作ることにした.ここで,セルを表す表記として (y, x) という表記を用いる.これは y 行目の x 列目のセルを表す.

ロボットへの命令は 4 つの整数 a, b, c, d で与えられる.これは (a, b) にあるボールを (c, d) に移動することを表す.このとき,(a, b) にボールが存在し, (c, d) にボールが存在しないことが保証される.

盤面の状態は,"jfen" と呼ばれる次の記法で表される.

[1 行目のデータ]/[2 行目のデータ]/.../[H 行目のデータ] 

この記法は盤面の各行を表すデータをスラッシュ区切りで連結したものである.各行のデータは文字列で表され,1 列目からW列目にあるセルの状態を左から順に記述している.この文字列は数字と文字 'b' で表され,数字が表す整数は連続した空白のセル数を,'b' はボールが存在するセルを表している.ここで,各行のデータで整数が連続してはならない.また,各行のデータに書かれている整数の総和と 'b' の個数の和は必ず W になる.

例として,次のような盤面状態を考える.空白のセルを '.' で表し,ボールが存在するセルを 'b' で表現している.この例の i 行目の左から j 文字目は盤面の i 行目の j 列目のセルの状態を表す.

....
.b.b
....

上記の盤面を jfen で表記すると次のようになる.

4/1b1b/4

ロボットに現在の盤面の状態と 1 つのボールを動かす命令を与えた時に,ロボットがボールを動かした後の盤面を出力するプログラムを作成せよ.このとき,出力する盤面は jfen 記法で出力せよ.

Input

入力は複数データセットからなる. 各データセットは以下の形式からなる.

S
a b c d

各データセットは 2 行からなり,最初の行には盤面の状態を表す jfen 形式の文字列 S が与えられる.ここで, 盤面のサイズは 2 ≤ W, H ≤ 9 を満たす.続く行にはロボットへの命令が与えられる.これは (a, b) にあるボールを (c, d) に移動させる命令を表す.また,入力の終わりは # で表される.

Output

出力は各データセットごとに命令を実行したあとの盤面の状態を jfen 記法で表した文字列 1 行である.出力行には他の文字があってはならない.

Sample Input

b1/1b
1 1 1 2
b5/bbbbbb
2 4 1 4
b2b2b/7
1 4 2 4
#

Output for Sample Input

1b/1b
b2b2/bbb1bb
b5b/3b3

1番目の入力の初期状態は次のようになる.

b.
.b

(1,1) のボールを (1,2) に移動させるので命令後の盤面は次のようになる.

.b
.b

Source: ACM-ICPC Japan Alumni Group Practice Contest for Japan Domestic 2016 , Japan, 2016-06-12
http://acm-icpc.aitea.net/