Check answers

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 262144 KB

A: 丸付け

問題

AORイカちゃんはテストに合格するため勉強しています。

AORイカちゃんは、 $N$ 問、問題を解きました。 その後、解いた問題の丸付けを以下の手順で行います。

  1. 解答の正誤を確認する。
  2. 解答が正しい場合はマル印、誤っていた場合はバツ印を解答用紙に書き込む。

解答が $2$ 問連続で誤りであるとわかった瞬間、テストに不合格になってしまう恐怖から、AORイカちゃんは失神してしまいます。そして、それ以降丸付けを行うことはできません。

失神は手順 $1$ と $2$ の間で起こります。

AORイカちゃんが解いた問題の数を表す整数 $N$ と、解答の正誤を表した長さ $N$ の文字列 $S$ が与えられます。 文字列は 'o' と 'x' からなり、 'o' は解答が正しく、 'x' は解答が誤りであることを表しています。 $i$ 文字目が $i$ 問目の正誤を表しており、AORイカちゃんは $1$ 問目から順番に丸付けを行います。

AORイカちゃんが正誤を書き込めた問題数を出力してください。

制約

  • $1 \leq N \leq 10^5$

入力形式

入力は以下の形式で与えられる。

$N$
$S$

出力

AORイカちゃんが正誤を書き込めた問題数を $1$ 行で出力せよ。また、末尾に改行も出力せよ。

サンプル

サンプル入力 1

3
oxx

サンプル出力 1

2

$3$ 問目の手順 $1$ を行うと失神するため、手順 $2$ は行えません。

サンプル入力 2

8
oxoxoxox

サンプル出力 2

8

サンプル入力 3

4
xxxx

サンプル出力 3

1

Note

Commentary
 
Source: Aizu Competitive Programming Camp 2017 Day1 , Japan, 2017-09-18