Card Game

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

カードゲー ム

「1」から「10」までの数字が書かれたカードが各 1 枚、全部で 10 枚あります。このカードは、表側には数字が書かれ、裏側には何も書かれていません。このカードを使って、あなたと相手の 2 名で以下のルールでゲー ムを行います。

  1. あなたと相手には、表を上にして 1 枚、裏を上にして 1 枚、計 2 枚のカードが配られています。あなたは相手の表のカードの数字を見ることができますが、裏のカードの数字は見えません。
  2. 配られたカードの数字の合計が 20 以下で、かつ相手の数字の合計より大きいときに勝ちとなります。 例えば、あなたのカードが「7」「8」 (合計 15) 、相手のカードが「9」「10」 (合計 19) のときは、相手の勝ちです。
  3. あなたと相手は最大であと 1 枚カードを引くことができます。それを引かなくても構いません。

ここで、あと 1 枚のカードを引くかどうかを決定する目安として、カードを引いたときに合計が 20 以下に なる確率を考え、その確率が 50% 以上のときはカードを引くこととしましょう。この確率を計算するときには、あなたの 2 枚のカードと相手の表のカードの計3枚のカードの情報を利用することができます。つまり、各カードは 1 枚ずつしかないので、それらのカードを引くことはないことになります。

あなたの 2 枚のカードと相手の表のカードを読み込んで、それぞれについて、あと 1 枚引いたときに合計が 20 以下になる確率が 50% 以上のときは YES、そうでないなら NO を出力するプログラムを作成してください。

Input

入力は複数のデータセットからなります。 1 枚目のあなたのカードの数字を C1 、2 枚目のあなたのカードの数字を C2 、相手の表になっているカードの数字を C3 とすると、各データセットは以下の形式で与えられます。

C1 C2 C3

Output

各データセットに対して、YES または NO を1行に出力して下さい。

Sample Input

1 2 3
5 6 9
8 9 10

Output for the Sample Input

YES
YES
NO

Source: PC Koshien 2004 , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2004
(modified format)
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/