Strange Mathematical Expression

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

未熟者の数式

博士 : ピーター君、ついにやったよ。

ピーター : またですか。今度はどんなくだらない発明ですか。

博士 : ついに数式を計算機で処理する画期的な方法を思いついたんだ。この表をみてごらん。

通常の記法博士の「画期的な」記法
1 + 21 2 +
3 * 4 + 73 4 * 7 +
10 / ( 2 - 12 ) 10 2 12 - /
( 3 - 4 ) * ( 7 + 2 * 3 )3 4 - 7 2 3 * + *

ピーター : はぁ。

博士 : ふっふっふ。これだけでは、未熟者の君には何のことだかわからないだろうねえ。ここからが肝心なんじゃ。

ピーター : っていうか・・・。

博士 : 計算機にはスタックというデータ構造があることは君も知っているね。ほれ、「先入れ後出し」のあれじゃよ。

ピーター : はい。知ってますが、あの・・・。

博士 : この画期的な記法はあのスタックを使うんじゃ。例えばこの 10 2 12 - / だが、次のように処理する。

処理対象10212-/
↓2-12↓10/-10
スタック
.
.
10
.
2
10
12
2
10
.
-10
10
.
.
-1

博士 : どうじゃな。括弧も演算子の優先順位も気にする必要がないじゃろう?語順も「10 を 2 から 12 を引いたもので割る。」となり、何となく彼の極東の島国の言葉、日本語と似ておるじゃろうて。 この画期的な発明さえあれば、我が研究室は安泰じゃて。ファファファ。

ピーター : っていうか博士。これって日本にいたとき会津大学の基礎コースで習いましたよ。「逆ポーランド記法」とかいって、みんな簡単にプログラムしてました。

博士 : ・・・。

ということで、ピーター君に変わって博士に、このプログラムを教える事になりました。「逆ポーランド記法」で書かれた数式を入力とし、計算結果を出力するプログラムを作成してください。

入力

複数のデータセットが与えられます。各データセットでは、逆ポーランド記法による数式(整数と演算記号が空白文字1文字(半角)で区切られた80文字以内の文字列)が 1 行に与えられます。 ある値を 0 や 0 に限りなく近い値で割るような数式は与えられません。

データセットの数は 50 を超えません。

出力

各データセットごとに、計算結果(実数)を1行に出力してください。なお、計算結果は 0.00001 以下の誤差を含んでもよい。

Sample Input

10 2 12 - /
3 4 - 7 2 3 * + *
-1 -2 3 + +

Output for the Sample Input

-1.000000
-13.000000
0.000000

Source: PC Koshien 2005 , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2005
(extended format)
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/