Fukushimaken

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

福縞軒

「福縞軒」は行列のできる人気のラーメン屋です。でも最近、お客さんの間から「待ち時間が長いのに、店に入ったら空席があるのは許せない」という声が聞こえるようになってきました。どうしてそんな不満が出るのか調べたいのですが、お店が開いているあいだは忙しくて、実際の行列の様子を調べることができません。しかし、長年の経験からお客さんが来る間隔や人数は分かっているので、それをもとに待ち時間の分析をすることにしました。

店内にはカウンターに向かって 17 の席があります。開店時間は正午で、お客さんは次のようにやってきます。

  • 0 番から 99 番までの 100 組のグループが来ます。
  • i 番目のグループは正午から 5i 分後にお店に到着します。
  • i 番目のグループの人数は i % 5 が 1 のとき 5 人、それ以外のときは 2 人です。
    (x % yxy で割ったときの余りを表わします。)
  • i 番目のグループは、席に着くと 17(i % 2) + 3(i % 3) + 19 分間で食事を済ませます。

最初の 10 グループの到着時刻、人数、食事時間は次のようになります。

グループ番号 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
到着時刻(分後) 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45
人数(人) 2 5 2 2 2 2 5 2 2 2
食事時間(分) 19 39 25 36 22 42 19 39 25 36

また、お客さんを席に案内するときには、次のようにしています。

  • 席には 0 から 16 までの番号が付いています。
  • x 人のグループは連続して x 個あいている席があった時だけ着席できます。

また、座れる場所が複数あった場合は、席の番号が最も小さくなるところに座ります。例えば、0、1、2、4、5番の席だけが空いていた場合、5 人のグループは着席できません。2 人のグループであれば 0、1 番に着席します。

  • 一度着席したら、席を移動してもらうことはしません。
  • お客さんは 1 分単位で出入りします。各時刻には次の順序でお客さんを案内します。
    1. 前のグループの離席と同時に次のグループの着席が可能となります。
    2. お客さんを着席させる際には、行列の先頭にいるグループから順に、できる限り多くのグループを同じ時刻に着席させます。行列の順序を追い越すことはしません。つまり、先頭のグループが着席できなければ、行列内の他のグループが着席できたとしても、着席させません。
    3. その時刻に到着したグループは、行列が残っている場合は行列の最後尾に並びます。行列が無く、着席できる場合は着席し、できない場合は並んで待ちます。例として最初の 10 グループが到着するまでの様子を示すと以下のようになります。各行の3つの欄は、左から時刻、座席の様子、行列の様子を示しています。座席は「_」が空席で、番号はその席にその番号のグループが座っていることを示しています。
時刻: 座席                  行列
0:    00_______________:
5:    0011111__________:
10:   001111122________:
15:   00111112233______:
18:   00111112233______:
19:   __111112233______:
20:   44111112233______:
25:   4411111223355____:
30:   4411111223355____:   66666       グループ6が到着
34:   4411111223355____:   66666
35:   4411111__3355____:   6666677     グループ7が到着
40:   4411111__3355____:   666667788   グループ8が到着
41:   4411111__3355____:   666667788
42:   __11111__3355____:   666667788
43:   __11111__3355____:   666667788
44:   6666677883355____:               グループ6、7、8が着席
45:   666667788335599__:               グループ9が到着、着席

例えば、時刻 40 では 8 番目のグループが到着しますが、着席できないので行列に加わります。4 番目のグループは時刻 41 まで食事をします。時刻 42 では、4 番目のグループの席が空きますが、連続した席数が足りないので 6 番目のグループはまだ着席できません。1 番目のグループは時刻 43 まで食事をします。時刻 44 で 1 番目のグループの席が空くので、6 番目のグループが着席し、同時に 7 番目、8 番目のグループも着席します。9 番目のグループは時刻 45 で到着し、席が空いているのでそのまま着席します。

これらの情報を基にして、0 以上 99 以下の整数 n を入力として、n 番目グループのお客さんが待つ時間(分単位)を出力するプログラムを作成してください。

Input

複数のデータセットが与えられます。各データセットは1つの整数 n からなります。

データセットの数は 20 を超えません。

Output

各データセットについて、n 番目のお客の分単位の待ち時間(0 以上の整数)を1行に出力してください。

Sample Input

5
6
7
8

Output for the Sample Input

0
14
9
4

Source: PC Koshien 2006 , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2006
(modified format)
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/