Black-and-White

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

三目並べ

3 × 3 の盤面の三目並べを考えましょう。三目並べは 2 人で行う対戦ゲームです。先攻後攻を決め、一人は黒石、一人は白石を打ちます。盤面に石を交互に一つずつ置いていき、縦横斜めのいずれかの方向に先に 3 つ自分の石を並べた人が勝ちとなります。

盤面の情報を入力とし、勝敗の判定を行い、黒が勝ちの場合は「b」、白が勝ちの場合は「w」、どちらもそろっていない場合は「NA」と出力するプログラムを作成してください。 盤面の情報は、3行3列の文字列で構成されます。「b」は黒石、「w」は白石、「+」(半角プラ ス)は何も置かれていない状況を表します。ただし、同時に黒が3つ、白が3つ並ぶことはありませ ん。

Input

複数のデータセットの並びが入力として与えられます。入力の終わりはゼロひとつの行で示されます。 各データセットは以下の形式で与えられます。

board1
board2
board3

i 行目に盤面の i 行目の情報を表す文字列 boardi が与えられます。

データセットの数は 50 を超えません。

Output

データセット毎に、「b」、「w」、「NA」のいずれかを1行に出力します。

Sample Input

bbw
wbw
+b+
bwb
wbw
wbw
0

Output for the Sample Input

b
NA

Source: PC Koshien 2008 , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2008
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/