Baseball Championship

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

野球大会

野球の国別対抗戦 WBC で、日本が2連覇達成!! 野球人気が高まる中、会津学園高校を会場に野球大会が行われました。この大会では、総当りのリーグ戦を行い、以下のような方法で順位を決めることになりました。

  1. 勝ち数の多いチームを上位とする
  2. 勝ち数が同数の場合は負け数の少ないチームを上位とする

各チームの成績を入力とし、チーム名を上位のチームから順に出力するプログラムを作成してください。同順位のチームが存在する場合は、入力順に出力してください。ただし、チーム数 n は 2 以上 10 以下の整数、チーム名 t は 1 文字の半角英字、試合毎の成績 rn - 1 個の数字で表され、勝ちの場合は 0 、負けの場合は 1 、引き分けの場合は 2 とします。また、チーム名に重複はないものとします。

Input

複数のデータセットの並びが入力として与えられます。入力の終わりはゼロひとつの行で示されます。 各データセットは以下の形式で与えられます。

n
score1
score2
:
scoren

1 行目にチームの数 n (2 ≤ n ≤ 10) 、続く n 行に第 i のチームの成績 scorei が与えられます。各成績は次の形式で与えられます。

t r1 r2 ... rn−1

チーム名 t (1文字の半角英字)、t の試合毎の成績 ri (0, 1, または 2) が空白区切りで与えられます。

データセットの数は 50 を超えません。

Output

データセットごとに、チーム名を上位のチームから順に出力します。

Sample Input

6
A 1 0 0 2 0
B 0 0 1 1 0
C 1 1 1 1 1
D 1 0 0 1 2
E 2 0 0 0 0
F 1 1 0 2 1
4
g 1 1 1
h 0 1 2
w 0 0 0
b 0 2 1
0

Output for the Sample Input

E
A
B
D
F
C
w
h
b
g

Source: PC Koshien 2009, Preliminary Round , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2009
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/