Dangerous Bridge

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

Problem F: 危ない橋

会津若松市よりずっと北に位置する会津古松村では、「ヤ橋(やばし) 」と呼ばれる橋が周辺の村へ移動する唯一の手段となっています。その橋は通行人が多いにも関わらず、今にも壊れそうなほど老朽化が進んでしまっています。

ヤ橋は 150kg まで耐えられる強度を持っています。例えば、80 kg の人と 50 kg の人が同時に渡ることはできますが、80 kg の人が渡っているときに 90 kg の人が渡り始めると、ヤ橋は壊れてしまいます。

もしヤ橋が壊れてしまったら、会津古松村の人々は周辺の村へ移動する手段を失ってしまいます。そこで、村で唯一のプログラマーであるあなたは、村民の生活を守るために村長から、橋の渡り方から橋が壊れるか否かを判定するように頼まれました。

橋を渡る通行人の人数 n、各通行人の体重 m、橋を渡り始める時刻 a、渡り終える時刻 b を入力とし、橋が壊れない場合は“OK”と出力し、壊れる場合は“NG”と出力するプログラムを作成してください。なお、橋の上にいる通行人の体重の総和が 150kg を超えてしまうとヤ橋は壊れてしまいます。また、aの時点で通行人は橋の上にいますが、b の時点では橋の上にいません。ただし、n、m は1以上 100 以下の整数、a、b は 0 以上 231未満の整数とします。

Input

複数のデータセットの並びが入力として与えられます。入力の終わりはゼロひとつの行で示されます。 各データセットは以下のとおりです。

1 行目 n(整数;半角空白区切り)
2 行目 第 1 の通行人の情報 m a b(整数 整数 整数;半角空白区切り)
3 行目 第 2 の通行人の情報
:
n+1 行目 第 n の通行人の情報

Output

入力データセットごとに、橋が壊れるか否かを出力します。

Sample Input

3
80 0 30
50 5 25
90 27 50
3
80 0 30
70 5 25
71 30 50
0

Output for the Sample Input

NG
OK

Source: PC Koshien 2010 , All-Japan High School Programming Contest, Aizu-Wakamatsu, Japan, 2010
http://www.pref.fukushima.jp/pc-concours/