Popularity Estimation

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 65536 KB

Problem A: Popularity Estimation

あなたはとあるアニメーション制作会社の企画部長である。昨今のアニメーション制作会社が制作するものは、アニメーションそのものにとどまらない。関連商品、例えば登場キャラクターのフィギュアやキャラクターソングCDなども、重要な収益源なのである。この収益をどれだけ伸ばせるかは、ひとえに企画部長のあなたにかかっているのであった。

当たり前のことだが、こういった関連商品は闇雲に発売すればいいというものではない。商品の開発には多くの時間と予算が必要なためだ。アニメの登場キャラクターのフィギュアを発売するにしても、多くの売上が見込まれる、人気があるキャラクターのものに限らなければならない。

キャラクターの人気度を測る手段の一つが、人気投票である。あなたも今までいくつかの人気投票を企画してきたが、どうやら視聴者はこの企画に不満を抱きつつあるようだ。人気度を測る他の手法の確立が急務である。

そこであなたは、ひとつの仮説を立てた。あるキャラクターの人気度は、そのアニメ本編中における登場時間の総和に比例する、というものだ。あなたはこの仮説を検証するため、それぞれのキャラクターの登場時間を集計するプログラムを書くことにした。

Input

入力は複数のケースからなる。 各ケースは以下のフォーマットで与えられる。

n 
name0 m0 d0,0 ... d0,m0-1
name1 m1 d1,0 ... d1,m1-1
.
.
.
namen-1 mn-1 dn-1,0 ... dn-1,mn-1-1

n はキャラクターの人数を表す。
namei はキャラクターの名前を表す。
mi はキャラクターが映っていた時刻の種類を表す。
mi の後にはmi 個の整数di,j が与えられる。
di,jはキャラクターが映っていた時刻を表す。
入力の終わりはn=0 からなる行によって与えられる

ある時刻に1人のキャラクターのみが画面に映っていた場合、そのキャラクターはnポイントを得ることが出来る。
同時刻に映るキャラクターが1人増える毎に、その時刻に映っていたキャラクターが得られるポイントは1減る。
n人のキャラクターが同時刻に映っていた場合、n人の人それぞれに1ポイントが加算される。

入力は以下の制約を満たす。
2 ≤ n ≤ 20
0 ≤ mi ≤ 30
0 ≤ di,j < 30
i 番目のキャラクターについてdi,j はすべて異なる。
namei はアルファベットの大文字または小文字のみを含み、長さは10以下である。

Output

最小のポイントを持つキャラクターのポイントとその名前を1つの空白で区切って出力せよ。
最小のポイントを持つキャラクターが複数いる場合は名前が辞書順で最小の人を選ぶこと。

Sample input

4
akzakr 2 1 8
fnmyi 5 2 3 4 6 9
tsnukk 5 2 3 4 7 9
yskwcnt 6 3 4 7 8 9 10
4
akzakr 1 2
fnmyi 3 10 11 12
tsnukk 2 1 8
yskwcnt 2 1 8
5
knmmdk 2 13 19
akmhmr 4 13 15 19 22
mksyk 6 3 7 12 13 15 19
skrkyk 3 1 4 8
tmemm 3 1 17 24
5
knmmdk 5 5 6 16 18 26
akmhmr 9 3 4 7 11 14 15 17 18 20
mksyk 5 6 13 25 27 28
skrkyk 4 3 16 23 24
tmemm 3 6 12 20
14
hrkamm 6 4 6 8 10 20 22
mkhsi 6 1 10 12 15 22 27
hbkgnh 2 4 9
chyksrg 8 3 4 12 15 16 20 25 28
mktkkc 6 0 1 8 15 17 20
tknsj 6 6 8 18 19 25 26
yyitktk 3 3 12 18
ykhhgwr 5 3 9 10 11 24
amftm 7 2 6 8 12 13 14 17
mmftm 4 6 12 16 18
rtkakzk 3 14 15 21
azsmur 7 1 2 4 12 15 18 20
iormns 2 4 20
ktrotns 6 7 12 14 17 20 25
14
hrkamm 2 4 21
mkhsi 6 2 3 8 11 18 20
hbkgnh 4 4 16 28 29
chyksrg 5 0 3 9 17 22
mktkkc 2 7 18
tknsj 3 3 9 23
yyitktk 3 10 13 25
ykhhgwr 2 18 26
amftm 3 13 18 22
mmftm 4 1 20 24 27
rtkakzk 2 1 10
azsmur 5 2 5 10 14 17
iormns 3 9 15 16
ktrotns 5 7 12 16 17 20
0

Sample output

7 akzakr
4 akzakr
6 knmmdk
12 tmemm
19 iormns
24 mktkkc

The University of Aizu Programming Contest 2011 Summer
原案: Tomoya Sakai
問題文: Takashi Tayama


Source: University of Aizu Programming Contest 2011 Summer , Aizu-Wakamatsu, Japan, 2011-09-24
Problem Setter:  Tomoya Sakai ,  Takashi Tayama