Perfect Number

Time Limit : 3 sec, Memory Limit : 65536 KB

Problem B: 完全数

ある整数 N に対し,その数自身を除く約数の和を S とする. N = S のとき N は完全数 (perfect number), N > S のとき N は不足数 (deficient number), N < S のとき N は過剰数 (abundant number) と呼ばれる. 与えられた整数が,完全数・不足数・過剰数のどれであるかを 判定するプログラムを作成せよ.

プログラムの実行時間が制限時間を越えないように注意すること.

Input

入力はデータセットの並びからなる. データセットの数は 100 以下である.

各データセットは整数 N (0 < N ≤ 100000000) のみを含む1行からなる.

最後のデータセットの後に,入力の終わりを示す 0 と書かれた1行がある.

Output

各データセットに対し, 整数 N が完全数ならば “perfect number”, 不足数ならば “deficient number”, 過剰数ならば “abundant number” という文字列を 1行に出力せよ.

Sample Input

1
2
3
4
6
12
16
28
33550336
99999998
99999999
100000000
0

Output for the Sample Input

deficient number
deficient number
deficient number
deficient number
perfect number
abundant number
deficient number
perfect number
perfect number
deficient number
deficient number
abundant number

Source: University of Tokyo Programming Contest 2008 , Tokyo, Japan, 2008
Problem Setter:  Yoshitake Matsumoto
http://www.utpc.jp/2008/