You Are the Judge

時間制限 : 8 sec, メモリ制限 : 65536 KB

You Are the Judge

審判は君だ!

English text is not available in this practice contest.

あなたはプログラミングコンテスト iCPC の審判だ。今日も何事もなく試合が終わり、後は結果を出力するだけだと思いきや、突然システムが停止してしまった! 

これでは結果が出力できない! でも、大丈夫。我々にはログがある。

あなたは優れたプログラマーであり、かつて iCPC で輝かしい成績を残したこともある。

そこであなたはシステムログから各チームの成績を割り出し、チームの順位表を出力するプログラムを作成することにした。

入力としてチームの数、問題の数、システムログが与えられる。

シムテムログは以下の 2 種類のレコードからなる。

レコード内容効果
tID pID time CORRECT 時刻 time に、チーム tID が 問題 pID に正解するプログラムを送信。 チーム tID の正解数に1が加算される。
チーム tID のペナルティに、(チーム tID の問題 pID に対する誤答数*1200+time)が加算される。
以後, チーム tID の問題 pID に対する解答は棄却され、システムログにも送信履歴が残らない。
tID pID time WRONG 時刻 time に、チーム tID が 問題 pID に誤答するプログラムを送信。 チーム tID の 問題 pID に対する誤答数に1が加算される。

※上記のシステムログはこの問題のために簡略化されたものであり、本番のICPCで見られるシステムログと異なることに留意せよ

iCPCにおける順位付けのルールは以下の通りである。

  • より多くの問題を解いたチームは順位が上になる
  • 解いた問題が同じ場合、ペナルティの少ないチームのほうが順位が上になる
  • 解いた問題もペナルティも同じ場合、チーム番号が小さいほうのチームが順位が上になる

入力より与えられるコンテストの情報・システムログから各チームの成績を割り出し、チームの順位表を出力せよ。

Input

入力は複数のデータセットからなる。各データセットは以下の形式で与えられる。

T P R
tID1 pID1 time1 message1
tID2 pID2 time2 message2
...
tIDR pIDR timeR messageR

データセットの1行目には 参加チーム数 T 、問題数 P、システムログのレコード数 R が含まれる。

続くR行にはシステムログの各レコードが含まれる。

システムログのレコードとして、チーム番号 tIDi、問題番号 pIDi、試合開始からの経過時間 timei、メッセージの種類 messagei が含まれる。

入力は以下の制約を満たす。

  • 1 ≤ T ≤ 50
  • 1 ≤ P ≤ 10
  • 1 ≤ R ≤ 500
  • 1 ≤ tIDi ≤ T
  • 1 ≤ pIDi ≤ P
  • 1 ≤ timei ≤ 10800
  • messagei は CORRECT, WRONGのいずれか
  • システムログのレコードは、時刻の小さいものから順に与えられ、複数のレコードの時刻が同じになることはない

入力の終わりはスペースで区切られた3個の0で与えられる。

Output

与えられたシステムログより各チームの成績・順位を割り出し、順位が上のチームから順に、チーム番号、正解数、ペナルティ を出力せよ。

Sample Input

3 3 5
3 1 800 WRONG
1 1 1200 CORRECT
3 1 1400 CORRECT
1 2 2400 CORRECT
1 3 3600 CORRECT
5 2 5
3 1 1000 WRONG
5 2 2000 CORRECT
3 1 2800 CORRECT
4 1 4000 CORRECT
5 1 5000 CORRECT
6 3 15
2 1 10 WRONG
3 3 15 WRONG
3 3 20 CORRECT
1 1 50 CORRECT
4 2 60 WRONG
1 2 70 WRONG
4 1 80 CORRECT
1 2 90 WRONG
1 2 150 CORRECT
3 1 160 WRONG
3 1 180 CORRECT
3 2 210 WRONG
5 3 500 CORRECT
4 2 720 CORRECT
5 1 1500 CORRECT
0 0 0

Output for Sample Input

1 3 7200
3 1 2600
2 0 0
5 2 7000
3 1 4000
4 1 4000
1 0 0
2 0 0
4 2 2000
5 2 2000
1 2 2600
3 2 2600
2 0 0
6 0 0

Source: ACM International Collegiate Programming Contest , ACM-ICPC Japan Alumni Group Practice Contest for Japan Domestic 2012, 2012-06-17
http://acm-icpc.aitea.net/