DNA

時間制限 : 2 sec, メモリ制限 : 256000 KB

問題名 DNA

遺伝子は、A, T, G, C からなる文字列です。 この世界の遺伝子は奇妙なことに、ある構文規則に従うことが知られています。

構文規則は、次のような形で与えられます。

非終端記号1: 記号1_1 記号1_2 ... 記号1_n1
非終端記号2: 記号2_1 記号2_2 ... 記号2_n2
...
非終端記号m: 記号m_1 記号m_2 ... 記号m_nm

記号は非終端記号または終端記号のどちらかです。 非終端記号は小文字文字列で表され、終端記号はA, T, G, Cのうちのいくつかの文字が、"["と"]"に囲まれた文字列で表されます。

構文規則の例は次のようになります。

dna: a a b b
a: [AT]
b: [GC]

"非終端記号i: 記号i_1 記号i_2 ... 記号i_ni" を非終端記号 i のルールと呼び、ルールは、構文規則に現れる各非終端記号に対して、ちょうど 1 つづつ存在します。

文字列 s が非終端記号 i に「マッチする」とは、 s = s1 + s2 + ... + sni となるような s の部分文字列 {sj} が存在し、sj (1 ≤ j ≤ ni)がルール内の記号 j にマッチすることをいいます。

文字列 s が終端記号に「マッチする」とは、文字列が 1 文字からなり、その文字が終端記号を表す文字列に含まれることをいいます。

文字列が構文規則に従うとは、非終端記号 1 にその文字列がマッチすることをいいます。

ルール i は、記号のうちに、非終端記号 j (j ≤ i) を含みません。

構文規則と、4つの整数 Na , Nt, Ng, Nc が与えられます。 構文規則に従い、A をちょうど Na 個、T をちょうど Nt 個、G をちょうど Ng 個、C をちょうど Nc 個含むような遺伝子の総数を 1,000,000,007 で割った余りを求めなさい。

Input

Na Nt Ng Nc
m
非終端記号1: 記号 11 記号 12 ... 記号 1n1
非終端記号2: 記号 21 記号 22 ... 記号 2n2
...
非終端記号 m: 記号 m1 記号 m2 ... 記号 mnm

0 ≤ Na, Nt, Ng, Nc ≤ 50

1 ≤ m ≤ 50

1 ≤ ni ≤ 10

1 ≤ 記号を表す文字列の長さ ≤ 20 (※記号にマッチする文字列の長さではないことに注意)

Output

総数を 1,000,000,007 で割った余り

Sample Input 1

1 0 1 0
3
dna: a b
a: [AT]
b: [GC]

Output for the Sample Input 1

1

"AG"の一つです。

Sample Input 2

1 1 1 2
1
k: [ATG] [ATG] [ATG] [C] [C]

Output for the Sample Input 2

6

"ATGCC", "AGTCC", "TAGCC", "TGACC", "GATCC", "GTACC"の6つです。

Sample Input 3

3 1 1 1
3
inv: at b b b
at: [ATG] b
b: [C]

Output for the Sample Input 3

0

Source: ACM-ICPC Japan Alumni Group Summer Camp , Day 3 A, Tokyo, Japan, 2012-09-16
http://acm-icpc.aitea.net/