YAML

時間制限 : 2 sec, メモリ制限 : 256000 KB

問題名 YAML

YAML (YAML Ain't Markup Language)とは、オブジェクトを文字列で表現する形式の一つです。

YAMLのサブセットで表されたオブジェクトと、プロパティを指定するクエリが与えられるので、指定されたプロパティの値を答えてください。

YAMLのサブセット

YAML のサブセットは、次のような拡張 BNF 記法で表される構文規則に従います。

yaml: mapping(0)
mapping(n): mapping-item(n) | mapping-item(n) mapping(n)
mapping-item(n): indent(n) key ':' ' ' string '\n'
                 | indent(n) key ':' '\n' mapping(m) (ただしm>n)
key: [a-z0-9]+ (※英字小文字または数字からなる1文字以上の文字列)
string: [a-z0-9 ]+ (※英字小文字または数字またはスペースからなる1文字以上の文字列)
indent(0): "" (※空文字列)
indent(n+1): ' ' indent(n) (※スペースをn+1個並べた文字列)

'\n'は改行文字を表します。

mapping(n) はオブジェクトを表し、mapping(n) に含まれる mapping-item(n) は、オブジェクトに含まれるプロパティを表します。

mapping-item(n): indent(n) key ':' ' ' string '\n' は、 key で表されるプロパティの値がstringで表される文字列であることを示します。

mapping-item(n): indent(n) key ':' '\n' mapping(m) は、key で表されるプロパティの値がmapping(m)で表されるオブジェクトであることを示します。

1つのオブジェクトに、2つ以上、同じ key を持つプロパティが含まれることはありません。

プロパティを指定するクエリの形式

プロパティを指定するクエリは、

.key_1.key_2(..省略..).key_n

のように、'.'と key が交互に現れる形で与えられ、これは「 yaml で与えられたオブジェクトの、key1 という key を持つプロパティの値であるオブジェクトの、 key2 という key を持つプロパティの値であるオブジェクトの、(..省略..) keyn という key を持つプロパティ」を表します。

なお、あるi(1 ≤ i ≤ n - 1)について、.key_1.key_2.(..省略..).key_iまでで表されるプロパティの値がオブジェクトでない、またはオブジェクトであるがkey_i+1というプロパティを含んでいない場合、.key_1.key_2(..省略..).key_n で表されるようなプロパティは存在しないとみなします。

Input

.key_1.key_2(...).key_n
yaml

1 ≤ n ≤ 20

入力全体に含まれる文字数 ≤ 50,000

Output

プロパティの値を 1 行で出力してください。

指定されたプロパティが存在しない場合は no such property, プロパティの値がオブジェクトの場合は object, プロパティの値が文字列の場合は string "<文字列の内容>" と出力してください。

Sample Input 1

.tweets.1
name: shimeji
id: shimejitan
tweets:
  1: shimejilove
  2: azupero

Output for the Sample Input 1

string "shimejilove"

Sample Input 2

.a
a: sample case

Output for the Sample Input 2

string "sample case"

Sample Input 3

.my.obj
my:
 str: string value
 obj:
    a: a
    b: b
    c: c

Output for the Sample Input 3

object

Sample Input 4

.str.inner
str: inner

Output for the Sample Input 4

no such property

Sample Input 5

.no.such.property
object:
    prop1: str
    prop2: str

Output for the Sample Input 5

no such property

Source: ACM-ICPC Japan Alumni Group Summer Camp , Day 3 A, Tokyo, Japan, 2012-09-16
http://acm-icpc.aitea.net/