Pigeonhole principle

Time Limit : 1 sec, Memory Limit : 262144 KB

A: 鳩ノ巣原理

問題

$N$ 個の相違なる自然数 $a_i$ が与えられる。与えられた自然数から相違なる自然数を選び、ペアを作ることにした。 作ることができるペアのうち、値の差が $N - 1$ の倍数であるペアを一つ出力せよ。

なお、そのようなペアは必ず存在する。

制約

  • $2 \le N \le 1000$
  • $1 \le a_i \le 1000$
  • $a_i\neq a_j \ (i \neq j)$

入力:

$N$
$a_1 \cdots a_N$

出力:

条件を満たすペア $(x, y)$ を空白区切りで一行で出力せよ。また末尾に改行を出力せよ。

サンプル

サンプル入力 1

5
1 2 4 7 10

サンプル出力 1

2 10

$2$ と $10$ の差は $8$ であり、これは $4$ の倍数である。 $10 \ 2$ でも正解となる。

サンプル入力 2

6
1 6 11 16 21 26

サンプル出力 2

16 11

サンプル入力 3

10
486 668 354 649 626 253 830 162 146 363

サンプル出力 3

486 162

Note

Commentary