Sort I - Bubble Sort

時間制限 : 1 sec, メモリ制限 : 131072 KB
英語版はこちら

バブルソート

バブルソートはその名前が表すように、泡(Bubble)が水面に上がっていくように配列の要素が動いていきます。バブルソートは次のようなアルゴリズムで数列を昇順に並び変えます。

1 bubbleSort(A, N) // N 個の要素を含む 0-オリジンの配列 A
2   flag = 1 // 逆の隣接要素が存在する
3   while flag
4     flag = 0
5     for j が N-1 から 1 まで
6       if A[j] < A[j-1]
7         A[j] と A[j-1] を交換
8         flag = 1

数列 A を読み込み、バブルソートで昇順に並び変え出力するプログラムを作成してください。また、バブルソートで行われた要素の交換回数も報告してください。

入力

入力の最初の行に、数列の長さを表す整数 N が与えられます。2行目に、N 個の整数が空白区切りで与えられます。

出力

出力は 2 行からなります。1行目に整列された数列を 1 行に出力してください。数列の連続する要素は1つの空白で区切って出力してください。2 行目に交換回数を出力してください。

制約

  • 1 ≤ N ≤ 100
  • 0 ≤ A の要素 ≤ 100

入力例 1

5
5 3 2 4 1

出力例 1

1 2 3 4 5
8

入力例 2

6
5 2 4 6 1 3

出力例 2

1 2 3 4 5 6
9

Note

Algorithm